文字サイズ 小 中 大
現在のページ

トップページ > 学会案内

学会案内

日本ペストロジー研究会設立趣意書

1.日本ペストロジー研究会設立
 近年の急激な都市化、社会構造の変化、あるいは生活様式や、生活感覚の変化によって、我が国のねずみ衛生害虫防除事業は大きく変容してまいりました。すなわち、伝染病防圧のために始った媒介昆虫駆除から、快適な環境作りのための不快昆虫防除へと大きく変化してきました。
これに伴い、防除の主力は市町村の衛生班、地区組織活動から、PCOへと移り変ってまいりました。
また、対象害虫として不快害虫が大きな問題となり、防除の場も都市が主な舞台となってまいりました。このような情勢の中で、我が国のねずみ衛生害虫防除事業におけるPCOの役割や責任はますます重要になりつつあります。
PCOは、技術集団だといわれます。換言すれば、技術をサービスする産業であります。この技術を支えるものは学問であります。翻って関連学会を眺望してみますに、衛生動物学という伝統的な学問領域があり大きな支えとなってはいますが、アカデミックな医学の一分科に所属しており、ペストコントロールを中心とした学会ではありません。
ここに、PCOのための学問を模索し、その技術体系を作りあげることをめざして旗揚げしようとするのが「日本ペストロジー研究会」であります。学問的研究や技術的開発の場として研究発表大会をもち、全国的規模で研究者、技術者、あるいは実務者にいたるまで、その相互啓発・学問的交流・情報交換・懇親を図ることを目的とするものであります。

昭和60年8月17日

2.日本ペストロジー学会の設立
 日本ペストロジー学会は、ねずみ・衛生害虫、その他生活及び産業上の有害・不快生物の 防除に関する学問の進歩並びにその応用技術の向上を図ることを目的として、平成元年11月 に学会として発足しました。
 年に一度、年次大会や総会を開催し、多くの会員が大会に参加し、活発な意見交換がなさ れています。また、様々な関連分野の研究会、講習会、例会等も活発に開催しています。 また、年に二回、日本ペストロジー学会の会誌「ペストロジー」を発行し、学術情報の発 信に努めております。

日本ペストロジー学会あいさつ文

 第13期の学会長にご推挙いただき3年間務めさせていただきます。
新元号「令和」になってはじめての日本ペストロジー学会が富山の地で開催されました。私を含め本学会の執行部も新メンバーとなり、新たなスタートを切らせて頂きました。
 本学会の目的は、「PCOのための学問を模索し、その技術体系をつくりあげることを目指す」とあります。この学問的研究や技術開発の場として、「日本ペストロジー学会」という組織があり、学会誌「ペストロジー」や、全国規模で実施される年1回の研究発表大会などがあります。本学会には、多くの研究者や技術者、あるいは実務者が構成員として所属しています。私が考えるに、学会として最も大切なことは、「構成員である会員間の相互啓発・学問的交流・情報交換・アカデミックな懇親を図ること」であると思います。また、「社会のニーズに、いかにグローバルに、そしていかにローカルに応えていけるか」と言うことも大切かと思います。2020年の大きな国際イベント「東京オリンピック」を控え、如何に安全・安心を国民や来訪者に保証し、つつがなく世紀の祭典を遂行させることができるのか、これは、本学会にとっても、大変、大きなミッションの1つであると思っています。会員の皆様方のご協力を是非、賜りたいと思います。
 本学会を取り巻く環境も、学会創立当時と比べますと厳しくなりつつあると思います。会員数の伸び悩み、会員の高齢化、学会誌の充実化など、様々な問題が近年、顔を出し始めています。まずは現状の問題点の洗い出し、それらの整理を行い、今後10年、20年、30年先の状況を考え、戦略的に対策を立てていくことが大切かと思っております。また、「人づくり」特に若手人材の育成をどのようにしていくのかなどは、大きな課題の1つであると思っています。
 学問的レベルをあげていきながら、若手人材を積極的に育成し、地域社会、国際社会に十分に応えられるような方策を積極的に進め、日本の環境衛生の向上に寄与していきたいと思っております。まずは会員の皆様のご理解とご協力をお願いし、就任のご挨拶とさせていただきます。

令和元年11月15日
日本ペストロジー学会 会長 平林 公男

 

 

 

▲ページトップへ